エステの脱毛より痛みが強い医療脱毛について

痛みが強い医療脱毛について
医療脱毛は医師がおこなう脱毛です。エステとは違った効力の強い機械を使って、毛の毛根を破壊してきます。壊すことで二度と毛を生えなくしていくのです。

そのために使う機械は強いものを使用していますので、痛みが発生しやすい可能性が高くなります。

もちろん感じ方には個人差があり、中には全く痛みを感じない人もいますが、エステの脱毛よりは痛みは強いと考えたほうが良いです。

機械の調子が悪いわけではなく、医療脱毛全般が痛みを感じやすくなりますので、痛みに敏感な人や不安な人はよく考慮してから始めたほうがよいかもしれません。

ただ一般的は耐えられるような痛みになります。医療脱毛で一般的な脱毛をしたいならある程度は仕方がないことです。

施術の後はしっかり冷却する

医療脱毛は専用の機械を使って脱毛していきますが、やげどを負ったような強い熱をあて脱毛していきます。

当然脱毛した肌の周囲は熱を持ち、ひどいものになると炎症を起こしたようになります。これらの肌のトラブルを防ぐために、脱毛の後はしっかり冷却の処置をしたり、乾燥予防のためにジェルやローションを塗っていきます。

肌を冷やしていく行為は実は痛みを軽減していく効果も考えられます。炎症がうまく抑えられれば、痛みは感じにくくなりますし、肌の乾燥を起こしたりもしません。

乾燥はひどいものですと痛みにつながることもありますし、冷却することで肌のトラブルは回避されていきます。

医療脱毛の機器まとめ

医師や施術者に相談を

もし自分が痛みに弱いタイプでしたら、事前に自分の状態をきちんと話して、施術してくれる人や医師にも事前に相談しておくと安心です。

なるべく痛みを感じにくいようにより短い時間でおこなう工夫をしてくれたり、頻繁に声掛けしてもらったりすると安心につながることがあります。

広範囲の部位でしたら、少し時間をかけてゆっくりしてもらうことで、痛みを軽減させながら対応してもらうこともできますし、逆に早くやってもらうことで解放されたいと思う人もいます。

いずれにしても、ある程度自分から相談しておくことで、痛みをより感じないような工夫をすることは可能となります。

医療脱毛には痛みはつきものといえますが、必要な効果を得るためには必要なこととなります。多くの場合は痛みは一瞬のことであり、何時間も痛みが続くようなこともありませんし、短い期間で結果を出していきたいのなら、医療脱毛もおすすめとなります。