運動やダイエットなどの目的に合わせたプロテインの選び方

プロテインの選び方
筋トレに励む人やアスリートが飲むものというイメージのあったプロテインも、最近ではダイエットなど美容目的での利用が増えています。

プロテインは3大栄養素の1つとして知られるタンパク質のサプリメントという側面を持つだけに、食生活で不足しがちな栄養素を補う目的にも効果的です。

そんなプロテインはタンパク質を抽出する原料によっていくつかの種類に分かれ、それぞれの目的ごとに向き不向きがあります。

牛乳の乳清成分を原料とするホエイプロテインは吸収の速い点が最大の特徴で、筋トレやスポート後の筋繊維修復と筋肉増強に最適です。

一方でホエイプロテインは腹持ちが良くないため、ダイエットを目的とする利用には不向きとされています。

同じ牛乳を原料としていても固形成分のガゼインを使ったプロテインは消化吸収が遅いため、腹持ちが良く効果も長続きする点が特徴です。

大豆を原料とするソイプロテインも同様に腹持ちの良さに優れ、脂質代謝や脂肪燃焼を促す成分も含まれます。ダイエットを目的としてプロテインを飲むなら、置き換えダイエットにも使えるソイプロテインが最適です。

有酸素運動などの運動と食事制限を併用したダイエットに取り組んだ場合、摂取カロリーの不足を補うため筋肉を分解してエネルギーを得ようとする作用が働きます。

筋肉量が減ると基礎代謝が低下して痩せにくくなり、リバウンドも招きかねません。こうした運動併用型のダイエットを行う際には、消化吸収の速いホエイと腹持ちの良いガゼインの両方を配合したプロテインを選ぶのが無難です。